スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

GOING VERTICAL





1967年の夏、サーフィンというものを根底から揺るがす出来事が起こった。
あのショートボード革命において実質的な陰の主導者だったのは、果たして愛すべきオージーであるボブ・マクタビッシュなのか、
それともアメリカのディック・ブリュワーなのか?

40年を経ても、エゴと苦々しい感情が消えることはない。
『GOING VERTICAL』は、その双方のストーリーを教えてくれる貴重なフィルムである。

人気俳優サイモン・ベイカーがナレーションを務め、サーフィン・レジェンドのケリー・スレーター、ミック・ファニング、ジェリー・ロペスらが出演。
さらにPearl Jam、Powderfinger、Manfred Mannによるビートが効いた質の高いサウンドトラックが心地よい。

圧倒的な存在感、興奮と感動をもたらすこのドキュメンタリー映画は、
アカデミー賞に2度ノミネートされているデビッド・ブラッドベリー監督の手によるもの。
単なるドキュメンタリーにとどまらず、『GOING VERTICAL』は優れた映画を愛するすべての人が納得出来る作品だ。
これは、あの時代、あのボード革命、そしてそれを実現させた個性的なキャラクターを持つ人物たちのストーリーである。

監督:デビッド・ブラッドベリー
出演:
ディック・ブリュワー
ボブ・マクタビッシュ
サイモン・ベイカー
ケリー・スレーター

提供:LAIDBACK CORPORATION/GREENROOM/KING RECORDS
配給:LAIDBACK CORPORATION/GLASSY
協賛:DICK BREWER SURFBOARDS
スポンサーサイト
2012-06-09 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

Profile

nakazawayouthcase

Author:nakazawayouthcase


MusicPlaylist
MySpace Playlist at MixPod.com

TOP

★StaleFink楽天市場★

アクセスカウンター

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。